カブトムシとクワガタムシな日々

国産のカブトムシとクワガタムシの基礎知識を学びながら、野外採集の方法、人工飼育・人工繁殖の方法など実際の飼育記録と共に紹介していきます。
カブトムシとクワガタムシな日々 TOP  >  昆虫飼育やってみよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

外国産の放虫は絶対ダメ

もしもの話。
外国産のカブトムシやクワガタムシを買ってきて、
飼育に飽きたからと言って日本の山や林に放したら、
自然界では次のようなことが考えられます。

国産の昆虫たちが消える
自然界のルールは弱肉強食ですから、
強い者だけが生き残れる世界です。

国産種と外国産とを比べたら
力もサイズも強くて大きな外国産の方が生き残り
国産種が姿を消す日も訪れる事でしょう。

餌にありつけない昆虫たちは
それ以上生きていくことはできないのです。

昆虫の雑種が誕生
餌場は昆虫たちにとって餌を食べる以外にも、
メスとの出会いと交尾の場でもあります。

しかも近い種同士であれば
国産種と外国産の種との交尾も可能なため、
国産のメスと外国産のオスが交尾する可能性が出てきます。

その結果、

・外国産の力強さ
・国産の越冬能力

これら両方の能力が備わった雑種が誕生!?
なんてことにもなりかねません。

これいより国産の昆虫たちの数は激減するか、
種そのものが絶滅するかの危険が出てきます。

このように外国産の昆虫を日本で放虫ことは、
本来の生態系を乱す大きな要因になってしまうのです。
そのため絶対に放虫はしないようにしましょう

スポンサーサイト

飼い主の務め

現在は昆虫までもお店で売られる時代になりました。
中でも最近人気があるのは
国産種よりも外国産でしょうか。

ヘラクレスやコウカサスなど
角や大顎の形状が格好いいだけでなく、
サイズも国産のものより大きく迫力があります。

そんな個体同士のバトルは見ごたえがあり、
それを観戦する手にもグッと力が入るものです。

そういう点でも国産種に勝っているせいか
国産種より外国産を求めてしまう人が少なくありません。

それは個人の好みですからいいのです。

ただ外国産の個体を
日本国内の山などに放すことがダメなのです。

中には国産種よりも長生きな個体もいて、
その飼育に飽きたからといって
国内の林や山などに放虫するのは絶対にいけません。

どんなに飼育に飽きたとしても、
最後まで飼い主の務めを全うしてください。

昆虫飼育の前にやること

自宅で昆虫飼育する前に
予めやっておいてほしい事は次になります。

飼育スペースを決める
昆虫飼育をしていると

・小バエなどの小さな虫の発生
・マットの劣化によるニオイ

等が起こっても支障が無い場所を選びます。

飼育用品を揃える
必要なものを揃える」を参考にしてみてください。

お世話できる時間を作る
・毎日の餌交換
・毎日の飼育ケース内の清掃
・定期的なマット交換
等、毎日お世話できる時間を作りましょう。

「飽きた」は厳禁
命あるものを飼育していて「飽きた」は厳禁です。
一旦飼育を始めたら最期まで
飼い主としての責任を果たしてください。

特に外産種の野外放虫は絶対にダメです。
自然の生態系を乱す原因になり、
本来の国産種がいなくなってしまいます。

昆虫の寿命の長さを理解する
昆虫のメス1匹が産卵する数は非常に多いです。
特に多い個体だと100近く産むのもいます。

ですが自然界ではそれだけの数の卵を産んでも
無事成虫まで生き残れるのはほんの僅かしかいません。

また病気、羽化不全という結果になっても
治療法は全くありません。

どうしても成虫になる前に
何かしらの理由で死んでしまう個体が出てきてしまう。
このことについて理解しておく必要があります。

また成虫になってからが短命ですから、
無事成虫になった暁には
限られた命を大事にしてください。

お友達募集中

当サイトのバナーです。
当サイトはリンクフリーですが、できればお友達も募集しております。
宜しくお願いします。
現在のページ
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 昆虫飼育やってみよう!
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。