カブトムシとクワガタムシな日々

国産のカブトムシとクワガタムシの基礎知識を学びながら、野外採集の方法、人工飼育・人工繁殖の方法など実際の飼育記録と共に紹介していきます。
カブトムシとクワガタムシな日々 TOP  >  2011年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カブトムシの2齢幼虫と3齢幼虫のマット交換

9月11日。
お天気は微妙に晴れのち曇り。

そんなある日のこと。
我が家では旦那様が午前中から張りきって
20110911093902.jpg
カブトムシの幼虫のマット交換を行いました。

そのマットの中では
カブトムシの2齢幼虫と3齢幼虫が
20110911093816.jpg
ゴロゴロと元気一杯暮らしております。

その数・・・
20110911093928.jpg
数える気にもなりません。。。
(これはほんの一部で2齢幼虫のみ)

ということで早速、
撮影用の幼虫を探してみたら・・・
おりました。
20110911084116.jpg
カブトムシの2齢幼虫。

マットの上に登場するなり
そそくさとマットに潜ろうと頭を突っ込んでおります。

そんな幼虫さんを撮影するため
20110911084327.jpg
朽木の上へ。

こちらは2齢幼虫ですが3齢幼虫と比べると
20110911084432.jpg
こんな感じ。
向かって右が3齢幼虫、左が2齢幼虫。

どちらの幼虫も
突然マットから出されたものだから
マットの中に戻りたくて
20110911084441.jpg
ゴロゴロしております。
早く戻してあげねば!

今回のマット交換は、幼虫の排泄物を振いにかけて取り除き、
残りのマットはそのまま使用するので全交換ではありません。

だいたい古いマットと新しいマットが半々くらい。

マットを敷き詰めその上に幼虫を放したら
皆さん元気に潜って行ったっきり
マットの上に出てこないので環境的にはOK。

後は全ての幼虫が3齢幼虫になり、
更にオスメス判別ができるようになれば尚良し。

それまで後もう少し。

スポンサーサイト
お友達募集中

当サイトのバナーです。
当サイトはリンクフリーですが、できればお友達も募集しております。
宜しくお願いします。
現在のページ
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2011年09月
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。