カブトムシとクワガタムシな日々

国産のカブトムシとクワガタムシの基礎知識を学びながら、野外採集の方法、人工飼育・人工繁殖の方法など実際の飼育記録と共に紹介していきます。
カブトムシとクワガタムシな日々 TOP  >  スポンサー広告 >  調べたい項目をチェック  >  ノコギリクワガタを知ろう >  ノコギリクワガタの幼虫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノコギリクワガタの幼虫

ノコギリクワガタのメスは、

・広葉樹が倒れることなく立ったまま枯れた地中部
・倒木の周辺や埋没部

こうした場所で産卵します。
産卵すると約1ヶ月程度で孵化し幼虫となります。

その後、
ノコギリクワガタの幼虫は朽木を餌とし、
ほとんどは約1年~3年かけて
1齢~3齢幼虫へと脱皮を繰り返しながら成長します。

更にその後、
約1ヶ月(春~夏)かけて蛹室を作り
蛹になる準備をします。

こうして幼虫~蛹の時期を過ぎると、
羽化して成虫となり地上での活動開始となります。

但し羽化してすぐ地上で活動を開始するのは、
羽化のタイミングが初夏前のみの個体だけで、

晩夏から秋に羽化した個体は蛹室で成虫のまま越冬し
翌年に地上に出てきて活動を開始します。

ちなみにノコギリクワガタは、
朽木の外のマットに蛹室を作る個体が多いですが、
これは朽木の中に蛹室を作っても
脱出口を掘ることが出来ないためです。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お友達募集中

当サイトのバナーです。
当サイトはリンクフリーですが、できればお友達も募集しております。
宜しくお願いします。
現在のページ
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年07月 18日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ ノコギリクワガタを知ろう
  └ ノコギリクワガタの幼虫
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。