カブトムシとクワガタムシな日々

国産のカブトムシとクワガタムシの基礎知識を学びながら、野外採集の方法、人工飼育・人工繁殖の方法など実際の飼育記録と共に紹介していきます。
カブトムシとクワガタムシな日々 TOP  >  スポンサー広告 >  調べたい項目をチェック  >  昆虫飼育やってみよう! >  外国産の放虫は絶対ダメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

外国産の放虫は絶対ダメ

もしもの話。
外国産のカブトムシやクワガタムシを買ってきて、
飼育に飽きたからと言って日本の山や林に放したら、
自然界では次のようなことが考えられます。

国産の昆虫たちが消える
自然界のルールは弱肉強食ですから、
強い者だけが生き残れる世界です。

国産種と外国産とを比べたら
力もサイズも強くて大きな外国産の方が生き残り
国産種が姿を消す日も訪れる事でしょう。

餌にありつけない昆虫たちは
それ以上生きていくことはできないのです。

昆虫の雑種が誕生
餌場は昆虫たちにとって餌を食べる以外にも、
メスとの出会いと交尾の場でもあります。

しかも近い種同士であれば
国産種と外国産の種との交尾も可能なため、
国産のメスと外国産のオスが交尾する可能性が出てきます。

その結果、

・外国産の力強さ
・国産の越冬能力

これら両方の能力が備わった雑種が誕生!?
なんてことにもなりかねません。

これいより国産の昆虫たちの数は激減するか、
種そのものが絶滅するかの危険が出てきます。

このように外国産の昆虫を日本で放虫ことは、
本来の生態系を乱す大きな要因になってしまうのです。
そのため絶対に放虫はしないようにしましょう

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お友達募集中

当サイトのバナーです。
当サイトはリンクフリーですが、できればお友達も募集しております。
宜しくお願いします。
現在のページ
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年07月 21日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 昆虫飼育やってみよう!
  └ 外国産の放虫は絶対ダメ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。