カブトムシとクワガタムシな日々

国産のカブトムシとクワガタムシの基礎知識を学びながら、野外採集の方法、人工飼育・人工繁殖の方法など実際の飼育記録と共に紹介していきます。
カブトムシとクワガタムシな日々 TOP  >  スポンサー広告 >  調べたい項目をチェック  >  成虫飼育について >  成虫の転倒に要注意

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

成虫の転倒に要注意

カブトムシやクワガタムシの成虫を飼うなら、
転倒には要注意です。

この転倒防止に役立つのは
止まり木や枯葉などとなりますので、
足場になるこれらを設置してあげましょう。

カブトムシやクワガタは
転倒によりひっくり返ったまま
自分で起き上がれなければ死んでしまいます。

それにもかかわらず野外採集へ出かけると
よくひっくり返ってはもがいている成虫を目にします。

じつはこの「もがく」という行為。
この行為こそが昆虫が弱る原因なのです。

何故ひっくり返るともがく?
昆虫たちの外敵はカラスなどとなりますが、
ひっくり返ると逃げる事が出来ず捕食されるだけ。

だから昆虫たちは捕食されまいと
ひっくり返ると必死にもがくわけです。


「もがく」と何故弱る?
この「もがく」という行為は、
昆虫にとって非常に体力を消耗します。
これにより体力を使い果たし弱ってしまうわけです。

そのため飼育下においては
転倒しているのを見かけたらすぐに起こしてあげてください。

ケースのフタを少し開けて
割り箸などを差し伸べて掴まらせてあげるといいです。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お友達募集中

当サイトのバナーです。
当サイトはリンクフリーですが、できればお友達も募集しております。
宜しくお願いします。
現在のページ
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年07月 21日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 成虫飼育について
  └ 成虫の転倒に要注意
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。