カブトムシとクワガタムシな日々

国産のカブトムシとクワガタムシの基礎知識を学びながら、野外採集の方法、人工飼育・人工繁殖の方法など実際の飼育記録と共に紹介していきます。
カブトムシとクワガタムシな日々 TOP  >  スポンサー広告 >  調べたい項目をチェック  >  成虫飼育について >  もしメスが産卵しない時

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もしメスが産卵しない時

カブトムシにしてもクワガタムシにしても
自然界と違って飼育下においては、
こちらで産卵用の環境を整える必要があります。

もし環境を整えたにもかかわらず
交尾を終えたメスがいつまでも産卵しない場合
次のような原因が考えられます。

温度と湿度が産卵に適さなかった
昆虫は温度と湿度の変化に敏感です。
行動一つとっても温度に左右されるくらいですから、
産卵においても適した温度と湿度があります。

そこで産卵させたい昆虫について

・活動に適した温度、湿度
・乾燥と湿気どちらが好みか

これらを調べて適した環境作りをしましょう。

産卵用に用意したケースの大きさ
一箇所にまとめて産卵するわけではありません。
マットの中を移動しながら産卵するので
先に産み落とした卵を踏みつぶしてしまうことも多々あります。

なので産卵用に用意したケースの大きさは重要で、
もし狭かった場合、

・産卵場所を見つけられなかった
・移動中に自分で踏み潰してしまった

等の原因が挙げられます。

マットが気に入らない
選ぶマットによって不活性ガスの発生で
マット内が酸素不足になることがあります。

この場合はマット交換すればいいわけですが、
中には粒子のサイズによって産卵の可否が分かれることもあります。

このことから産卵用のマットを選ぶ時は
昆虫の種類と好みを把握し適したものを選びましょう。

受精能力と産卵能力
・受精能力が無い(弱い)オス
・産卵能力が無い(弱い)メス

これらの個体である場合は
どれだけ交尾させても産卵に至りません。

産卵したとしても極端に数が少なかったりするため、
いつまでたっても産卵しないようならペアを変更してみましょう。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お友達募集中

当サイトのバナーです。
当サイトはリンクフリーですが、できればお友達も募集しております。
宜しくお願いします。
現在のページ
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年07月 21日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 成虫飼育について
  └ もしメスが産卵しない時
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。