カブトムシとクワガタムシな日々

国産のカブトムシとクワガタムシの基礎知識を学びながら、野外採集の方法、人工飼育・人工繁殖の方法など実際の飼育記録と共に紹介していきます。
カブトムシとクワガタムシな日々 TOP  >  スポンサー広告 >  調べたい項目をチェック  >  幼虫飼育について >  オス・メスの判別方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オス・メスの判別方法

カブトムシやクワガタムシを繁殖させる場合、
幼虫時代にオスとメスを判別出来たら…。

そしてオスだけをそれぞれ単独飼育して
格好良い大型個体を誕生させたい!

我が家ではこの方法で
20110718093016.jpg
80mm近くの個体を誕生させました。
この写真を撮った時は威嚇中だったので
角を下げて測ればもう少しサイズが出ます。

幼虫のオス・メスの判別方法
【卵巣の有無】
幼虫の段階でメスなら卵巣が見えます。
なので卵巣が見えないのはオスということになります。

但しノコギリクワガタの幼虫の場合
脂肪層と卵巣細胞との見極めが大変なことから
オスとメスの判別は難しくなります。

ちなみにカブトムシの幼虫の場合
3齢幼虫になると背中側に黒くVの字が見えます。
これがオスになる幼虫です。

この幼虫を3齢幼虫になってすぐ単独飼育することで、
十分に大型個体を期待できます。

関連記事
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/05/22 19:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お友達募集中

当サイトのバナーです。
当サイトはリンクフリーですが、できればお友達も募集しております。
宜しくお願いします。
現在のページ
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年07月 22日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ 幼虫飼育について
  └ オス・メスの判別方法
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。