カブトムシとクワガタムシな日々

国産のカブトムシとクワガタムシの基礎知識を学びながら、野外採集の方法、人工飼育・人工繁殖の方法など実際の飼育記録と共に紹介していきます。
カブトムシとクワガタムシな日々 TOP  >  スポンサー広告 >  飼育・繁殖・採集の記録  >  野外採集の記録 >  ミヤマクワガタ、約65mm!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミヤマクワガタ、約65mm!

今年の昆虫採集は6月中ごろからスタートして、
実際にお目にかかれるようになったのは、
スタートから1週間ほどたったあたり。

やはり最初に見つかるのはコクワガタ。
次いで
ミヤマクワガタ→ノコギリクワガタ→カブトムシ。

今年はコクワガタは採集せず、
その他の昆虫だけに集中しました。

そこで採れたミヤマクワガタが、
ミヤマクワガタ
こちら。
頭の形やアゴの形が格好いい。
割とデカめでしたよ。

そのサイズは、
ミヤマクワガタのサイズ
約65mm。
我が家で繁殖させたのは、
こんなに大きくはならなかったので驚き。

野生でこのサイズなら文句なしです。
そしてミヤマと言ったら、
ミヤマクワガタのアゴ
この立派なアゴ。
コクワやノコギリとは違った
このミヤマのアゴの形状が大好きな私。

今年もメスとペアリングさせて産卵させようと、
採集してすぐ翌日には産卵セットを組んで、
後はメスを見つけるだけ!

と、何日か夜に走り回ってメスを見つけ、
産卵セットにオスとメスを入れ様子見。

今日になってマットを調べてみたら、
ミヤマクワガタのメスは、
たくさんの卵を産んでいました。

これから卵だけを探して取り分けて置き、
幼虫が暮らす環境を作った他のケースへと移動。
後はそのケースの中で幼虫期間をすごし、
成虫になって出てくるまで数年待ち。

カブトムシと違って翌年出てくるわけではないので、
気長に待たないといけない分、
良型が誕生した時の喜びもデカイです。

ただ、マット交換の時期やタイミング、
外から観察できない入れ物になっているので、
幼虫の成長過程をチェックでない・・・。
っていうのが不便かな…。

今年は去年までとは違った環境を用意したので、
今回はそれで様子を見たいと思います。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お友達募集中

当サイトのバナーです。
当サイトはリンクフリーですが、できればお友達も募集しております。
宜しくお願いします。
現在のページ
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2016年07月 24日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 野外採集の記録
  └ ミヤマクワガタ、約65mm!
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。