カブトムシとクワガタムシな日々

国産のカブトムシとクワガタムシの基礎知識を学びながら、野外採集の方法、人工飼育・人工繁殖の方法など実際の飼育記録と共に紹介していきます。
カブトムシとクワガタムシな日々 TOP  > 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ノコギリクワガタ約65mmを野外採集にて

クワガタで野外採取しやすいのは、
こちらではミヤマよりもノコギリクワガタ。

ミヤマクワガタを野外で見つけるには、
気温、湿度、場所など、
タイミングと運がよくないとダメ。

だからクワガタといえば、
こちらではノコギリクワガタが一般的。

そんなノコギリクワガタをゲット。
サイズは約65mmと小さいわけではない。

それがこちら。



赤っぽいボディに湾曲したアゴ。
このタイプをこちらでは「すいぎゅう」と呼ぶんですが、
地域が違えば呼び方も違ったりするのかしら。

ノコギリクワガタを捕まえてきて育てていると、
毎年1匹は一緒に年越しまで生きた個体がいたので、
今年も数あるノコギリの中から1匹位はお正月まで生きるのかな…。

まぁ、土から出てきた時期にもよるでしょうが、
今年はわりと早い時期に見つけられたような…。

いつまで生きてくれるかはわかりませんが、
大事に育てていくことにします。

ミヤマクワガタ、約65mm!

今年の昆虫採集は6月中ごろからスタートして、
実際にお目にかかれるようになったのは、
スタートから1週間ほどたったあたり。

やはり最初に見つかるのはコクワガタ。
次いで
ミヤマクワガタ→ノコギリクワガタ→カブトムシ。

今年はコクワガタは採集せず、
その他の昆虫だけに集中しました。

そこで採れたミヤマクワガタが、
ミヤマクワガタ
こちら。
頭の形やアゴの形が格好いい。
割とデカめでしたよ。

そのサイズは、
ミヤマクワガタのサイズ
約65mm。
我が家で繁殖させたのは、
こんなに大きくはならなかったので驚き。

野生でこのサイズなら文句なしです。
そしてミヤマと言ったら、
ミヤマクワガタのアゴ
この立派なアゴ。
コクワやノコギリとは違った
このミヤマのアゴの形状が大好きな私。

今年もメスとペアリングさせて産卵させようと、
採集してすぐ翌日には産卵セットを組んで、
後はメスを見つけるだけ!

と、何日か夜に走り回ってメスを見つけ、
産卵セットにオスとメスを入れ様子見。

今日になってマットを調べてみたら、
ミヤマクワガタのメスは、
たくさんの卵を産んでいました。

これから卵だけを探して取り分けて置き、
幼虫が暮らす環境を作った他のケースへと移動。
後はそのケースの中で幼虫期間をすごし、
成虫になって出てくるまで数年待ち。

カブトムシと違って翌年出てくるわけではないので、
気長に待たないといけない分、
良型が誕生した時の喜びもデカイです。

ただ、マット交換の時期やタイミング、
外から観察できない入れ物になっているので、
幼虫の成長過程をチェックでない・・・。
っていうのが不便かな…。

今年は去年までとは違った環境を用意したので、
今回はそれで様子を見たいと思います。

カブトムシの成虫が土から出てきて間もなく

我が家で繁殖させたカブトムシが、
やっとこさ全部土から出てきました。

いつもはどのケージも
大体同じくらいに出てくるのですが、
今年は一つ遅いのがあって、
一時は「ケージ内の幼虫が全滅したか…」
とも思いましたが無事でした。

最後のケージから出てきたのも、



この通り元気っぱい。
もう出てきて数日たっているので
今は餌をモリモリ食べて元気に過ごしています。

メスも生まれているので、
早いうちにオスとペアリングして産卵させたい。

ということで既に産卵セットは仕込み済み。
あとはメスとオスを一緒に入れて、
相性を確認しつつ産卵まで見守ります。

というのもカブトムシは年々、
野外採取が難しくなってきているので。
他の地域はどうかわかりませんが、
こちらでは明らかにカブトの数が減りました。

以前のように肥しを畑に盛り上げて置けなくなったり、
植樹しても広葉樹より針葉樹が多かったり…。
近くでの繁殖場所が減ってるからかな。。。

なので今後は自宅で繁殖させて楽しみたいなと。
今年はどれくらい卵を産んでくれるかな~。

羽化不全なくすべてのカブトムシが元気に誕生

2016年7月。
去年の夏に野外採取したカブトムシの
オスとメスのペアで卵を産ませました。

が、マットをいじる時期が悪かったらしく、
一つの蛹室を破壊。

その結果、
その部落全てのカブトムシは、
蛹室の代わりにトイレットペーパーの芯がお家
蛹室の代わりにトイレットペーパーの芯がお家となりました。
トイレットペーパーの芯がちょうどいいサイズ。

カブトムシはクワガタムシと違って、
蛹室を縦に作るので芯を立てて、
誕生間近のカブトムシ
その中にカブトムシを入れてあげればOK。
半分くらい土に埋めて後は様子見。

こうして翌日誕生したのが、
我が家で誕生したカブトムシ
この子たち。
とても元気いっぱい。
羽化不全の子は一匹もいませんでした。

といってもこれは一つのケースから生まれた子。
他のケースの子たちも誕生の準備中。

数日前に誕生し、
元気に生まれてきたカブトムシ
活発に動き回るものの、
本格的に餌に食いつきだしたのは昨日あたり。

それまでは餌はあまり食べず、
歩き回ったり羽を広げてみたり。
昨日の夜はブーンブーンと飛ぶ音がしていました。

今では餌をモリモリ食べて、
個体数分の餌皿を用意しているにもかかわらず、
わざわざ他の個体がいるところへ行っては、
ちょっかいをかけて喧嘩していました。

それでも朝方にはマットに潜り、
角の先っぽだけをちょこんと出して寝てました。

今年も元気なカブトムシが生まれてよかったです。
この子たちは里子に出される予定なので、
それまで大事に育てます。

ちなみに野外採取も順調。
カブトムシ、ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ、
コクワガタ、アカアシクワガタ・・・
なんかを、こちらでは採取できます。

といっても時期的に残りわずか。
すぐに昆虫の時期は過ぎてしまうけど、
残りの野外採取もがんばります。

[ 2016/07/19 14:32 ] カブトムシ 繁殖 | TB(0) | CM(0)

野外採集したクワガタとカブトムシを里子へ

久しぶりの更新です。
今年はいまだに梅雨明けしていません。

そのせいか、
カブトムシやクワガタの野外採集の結果はいまいち。

それでも数にしては少なくないかな。
ただ型が小さいです。
DCF00247.jpg
とか、
DCF00245.jpg
こんな感じ。

ついでに
DCF00246.jpg
この仔たちもみんな、
野外採集したクワガタとカブトムシを、
知り合いの子供たちのところへ里子へ。


家に残すのは良型の
DCF00250.jpg
ミヤマクワガタです。

写真撮影のためにカメラを向けたら
DCF00249.jpg
威嚇w

鋏が太くて短めの
DCF00248.jpg
ミヤマクワガタです。

今年はまだ野外採集を続けますが、
カブトムシがなかなか見つけられません。

オスは見つかったので
後はメスが見つかれば今年は終わりです。

その後は産卵させてブリードを楽しみます。

※画像はすべてクリックで拡大します

お友達募集中

当サイトのバナーです。
当サイトはリンクフリーですが、できればお友達も募集しております。
宜しくお願いします。
現在のページ
カブトムシとクワガタムシな日々
 トップページ
  └ 各ページ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。